安産祈願について

安産祈願の御案内

妊娠5ヶ月目に新たな生命を授かったことに感謝し、安らかに産まれます様、母子共に無事息災であります様祈念します。

img117pb1804_1

古来より、当神社の伊奴姫神(いぬひめのかみ)は安産、子授けに大きな御神徳をお授け下さる神様と云い伝えられております。

安産祈願には、お子様の無事出産と共に、子宝を授かった事に感謝し、元気に生まれ丈夫に育ちますようにとの願いが込められております。

一般的には、懐妊すると五ヶ月目の戌(いぬ)の日に、お腹のお子様が岩のような丈夫な子に育ちますようにとの意味をこめて岩田帯(腹帯)を着ける慣習があります。
戌の日の着帯には、犬が多産で、お産が軽いことにあやかっております。 


伊奴神社では、岩田帯(腹帯)を用意しております。
祈祷を受けられる方はお求めいただくか、市販の妊婦帯をご持参ください。

※腹帯は初穂料2000円以上のお志しです。

DSC_0157

祈祷後には、境内に建立された伊奴神社のシンボルである犬石像の前で、安産をご祈念ください。 

無事に安産されましたら、御礼詣り(お宮詣り)をして神様に御礼の気持ちを御報告し、お子様の健やかな御成長をお祈り下さい。
その折、安産の御神札とお守りは感謝の気持ちを込めて神社の古札所にお納め願います。

戌の日カレンダー

image14